So-net無料ブログ作成
データビジュアル化 ブログトップ
前の10件 | -

日本の安全:犯罪(風俗犯) [データビジュアル化]

安全:犯罪(風俗犯)-------------------------------------------------
  
  知能犯は、賭博・わいせつ関係の犯罪です。
  
 ■認知件数
  犯罪_風俗犯_認知件数:2015年.png
  大阪・東京・北海道の順番。
  神奈川・福岡・埼玉も多くなっています。
  
  
 ■認知件数(人口当たり)
  犯罪_風俗犯_認知件数人口当たり:2015年.png
  北海道・大阪・福岡という順番で、突出していて
  います。
  総数・人口当たりとも件数としては北海道が
  多いというのが意外でした。
  
  
 ■検挙率(検挙÷認知)
  犯罪_風俗犯_検挙率:2015年.png
  で、北海道は一番低いですね。
  全体としてはばらばら、という印象。
  
  他の犯罪もばらばらという印象があります。
  優秀な刑事・警官は一定の割合しかいない。その優秀な人が
  どんな犯罪を担当しているかによって、検挙率が変わってくる
  という構造かも、というのが勝手な想像です。
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  警察庁:https://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
  平成27年の犯罪
  エクセル:H27_003.xls
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:犯罪(知能犯) [データビジュアル化]

安全:犯罪(知能犯)-------------------------------------------------
  
  知能犯は、頭をつかって犯す犯罪とも言われていて、
  詐欺・横領・偽造・汚職・背任罪などです。
  ※知能犯の反対は殺人・傷害・暴行などの強力犯です。
  
 ■認知件数
  犯罪_知能犯_認知件数:2015年.png
  東京・大阪・愛知・神奈川の順番。
  埼玉・千葉・兵庫・福岡も多くなっています。
  
  他の犯罪と順番は違いますが、人口の多い都府県が上位
  という傾向は変わりません。
  同じことを書いていますが、微妙に都府県の順番が違う
  ことが気になります。
  それぞれおかれている状況・生活などの違いが、犯して
  しまう犯罪の違いを生んでいるのでしょうか。
  
  
 ■認知件数(人口当たり)
  犯罪_知能犯_認知件数人口当たり:2015年.png
  東京・大阪が多いのは他の犯罪と同じですが、
  3番目の奈良はちょっと意外です。
  
  
 ■検挙率(検挙÷認知)
  犯罪_知能犯_検挙率:2015年.png
  大阪・茨城・愛媛・福岡が低くなっています。
  首都圏・近畿が比較的低いケースが多かったですが、
  知能犯の検挙率は、地域がばらついている印象です。
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  警察庁:https://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
  平成27年の犯罪
  エクセル:H27_003.xls
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:犯罪(窃盗犯) [データビジュアル化]

安全:犯罪(窃盗犯)-------------------------------------------------
  
 ■認知件数
  犯罪_窃盗犯_認知件数:2015年.png
  東京・大阪・埼玉・愛知の順番。
  千葉・神奈川・兵庫・福岡も多くなっています。
  他の犯罪と順番は違いますが、人口の多い都府県が上位
  という傾向は変わりません。
  
  
 ■認知件数(人口当たり)
  犯罪_窃盗犯_認知件数人口当たり:2015年.png
  人口当たりにすると、大阪が突出します。
  東北の4県が少ないというのが目立ちます。
  
  
 ■検挙率(検挙÷認知)
  犯罪_窃盗犯_検挙率:2015年.png
  ひったくりとか、なかなか検挙に至らないように思います。
  認知件数の多かった都府県の低さ目立ちます。
  その中でも、大阪の低さはひどいですね。10人に1人程度
  しか捕まらないって、、、。
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  警察庁:https://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
  平成27年の犯罪
  エクセル:H27_003.xls
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------



続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:犯罪(粗暴犯) [データビジュアル化]

安全:犯罪(粗暴犯)-------------------------------------------------
  
  粗暴犯は、凶器準備集合・暴行・傷害・脅迫・恐喝です。
  
 ■認知件数
  犯罪_粗暴犯_認知件数:2015年.png
  東京・大阪・神奈川・兵庫・埼玉の順番。
  愛知・福岡・千葉も多くなっています。
  
  
 ■認知件数(人口当たり) ※ 前回の記事と同じ観点です。
  犯罪_粗暴犯_認知件数人口当たり:2015年.png
  人口当たりにすると、結構、順番の入れ替わりがあります。
  群馬が1位、和歌山が4位というのは意外な印象です。
  
  
 ■検挙率(検挙÷認知)
  犯罪_粗暴犯_検挙率:2015年.png
  100を超えるのは、認知年と検挙年にずれがあるためと
  考えられます。
  
  東京・千葉・埼玉・大阪の低さが目立ちます。
  人口の多さが検挙しづらさにつながっているのでしょうか。
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  警察庁:https://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
  平成27年の犯罪
  エクセル:H27_003.xls
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------


続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:犯罪(凶悪犯) [データビジュアル化]

安全:犯罪(凶悪犯)-------------------------------------------------
  
  凶悪犯は、殺人・強盗・放火・強姦です。
  
 ■認知件数
  犯罪_凶悪犯_認知件数:2015年.png
  大阪・東京・埼玉・愛知。
  神奈川・千葉・兵庫・福岡が続きます。
  
  
 ■認知件数(人口当たり) ※ 前回の記事と同じ観点です。
  犯罪_凶悪犯_認知件数人口当たり:2015年.png
  大阪が突出しています。続いて福岡、関東の都県。
  沖縄も上位です。
  
  
 ■検挙率(検挙÷認知)
  犯罪_凶悪犯_検挙率:2015年.png
  今回のデータは、2015年の認知件数と検挙件数です。
  100を超える県があります。
  前年以前に認知した犯罪の検挙の年ずれが発生することが
  考えられ、発生件数が比較的少ない県でおこると思います。
  
  年ずれは常に発生するとしても、認知件数が一定量あると、
  ぶれは少なくなるはず。
  そう考えて、数値の低い県を見ると、心配になります。
  
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  警察庁:https://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
  平成27年の犯罪
  エクセル:H27_003.xls
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:犯罪(総数) [データビジュアル化]

前回、刑法犯認知件数の人口当たりのデータでした。

警視庁のデータを使って、犯罪について少し詳しくみてみます。
犯罪の総数そして犯罪別という順番です。



安全:犯罪(総数)---------------------------------------------------
 ■認知件数
  犯罪_総数_認知件数:2015年.png
  件数ベースですので、人口が多い都道府県が多くなって
  います。
  
  
 ■認知件数(人口当たり) ※ 前回の記事と同じ観点です。
  犯罪_総数_認知件数人口当たり:2015年.png
  
  
 ■検挙率(検挙÷認知)
  犯罪_総数_検挙率:2015年.png
  元データには日本全体の数値はあるものの、都道府県別が
  無かったので、計算してみました。
  
  関東・近畿が少なく、また都道府県別に差が大きいという
  印象です。
  人口・犯罪の種類などが関係しているのかもしれません。
  
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  警察庁:https://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
  平成27年の犯罪
  エクセル:H27_003.xls
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:刑法犯認知件数 [データビジュアル化]

安全:刑法犯認知件数 (人口千人当たり)------------------------------
  刑法犯認知件数_人口千人当たり.png
  計算式:刑法犯認知件数 ÷ 人口総数
  
  刑法犯認知件数とは、犯罪について被害の届出・告訴・告発・その他の
  端緒によりその発生を警察において認知した件数という定義です。
  
  
  大阪・福岡・東京・兵庫の順番で、千葉・埼玉・愛知・京都も多い。
  人口当たりの件数ですが、多いのは順番は違いますが人口が多い
  都道府県となっています。
  人が集まることで、犯罪の発生が助長される部分があるのかも
  しれません。
  
順位 都道府県 順位 都道府県 順位 都道府県
1 大阪 16.78 17 滋賀 8.78 33 宮崎 6.57
2 福岡 12.43 18 栃木 8.26 34 石川 6.48
3 東京 11.96 19 奈良 8.10 35 長野 6.26
4 兵庫 11.71 20 宮城 8.00 36 山口 6.18
5 愛知 11.41 21 山梨 7.76 37 福井 6.17
6 京都 10.99 22 高知 7.74 38 徳島 6.08
7 千葉 10.98 23 佐賀 7.53 39 熊本 6.06
8 埼玉 10.62 24 北海道 7.47 40 富山 5.82
9 茨城 10.45 25 広島 7.46 41 鹿児島 4.92
10 岐阜 9.89 26 福島 7.40 42 山形 4.74
11 三重 9.62 27 神奈川 7.40 43 大分 4.60
12 愛媛 9.03 28 新潟 7.10 44 青森 4.36
13 群馬 9.00 29 鳥取 7.10 45 長崎 4.34
14 香川 8.97 30 沖縄 6.95 46 岩手 3.98
15 和歌山 8.96 31 静岡 6.91 47 秋田 3.47
16 岡山 8.94 32 島根 6.85      
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(http://www.e-stat.go.jp/
  統計でみる都道府県のすがた2017
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:警察官数 [データビジュアル化]

安全:警察官数 (人口千人当たり)------------------------------------
  警察官数_人口千人当たり.png
  計算式:警察官数 ÷ 人口総数
  
  警察官数の定義は、警視正以上の階級にある警察官を除く警察官の
  人数です。
  
  東京が突出。続いて、京都・大阪。
  
  東京は首都機能があり、大使館の多く、国際会議も多いなどなど、
  警備が必要な場所・ケースが多いためでしょう。
  京都が2番目というのも同じような理由かもしれません。
  今回の警察官数に皇宮警察は入っているのかなあ。
  
  
順位 都道府県 順位 都道府県 順位 都道府県
1 東京 3.22 17 秋田 1.93 33 大分 1.76
2 京都 2.51 18 千葉 1.88 34 岐阜 1.72
3 大阪 2.43 19 香川 1.87 35 熊本 1.72
4 和歌山 2.27 20 福島 1.85 36 栃木 1.71
5 高知 2.25 21 岡山 1.83 37 群馬 1.71
6 長崎 2.24 22 広島 1.83 38 石川 1.71
7 山口 2.22 23 鹿児島 1.83 39 神奈川 1.70
8 福井 2.20 24 富山 1.82 40 岩手 1.68
9 島根 2.17 25 宮崎 1.82 41 静岡 1.68
10 鳥取 2.14 26 沖縄 1.82 42 三重 1.68
11 兵庫 2.11 27 奈良 1.81 43 長野 1.65
12 福岡 2.11 28 新潟 1.80 44 宮城 1.64
13 徳島 2.04 29 愛知 1.79 45 茨城 1.64
14 佐賀 2.03 30 青森 1.77 46 滋賀 1.62
15 北海道 1.98 31 山形 1.77 47 埼玉 1.57
16 山梨 1.98 32 愛媛 1.76      


  
データの出展 --------------------------------------------------------
  出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(http://www.e-stat.go.jp/
  統計でみる都道府県のすがた2017
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:警察署・交番・駐在所数 [データビジュアル化]

安全:警察署・交番・駐在所数 (可住地面積100平方キロ当たり)------
  警察署・交番・駐在所数_可住地面積100平方キロ当たり.png
  計算式:警察署・交番・駐在所数 ÷ 可住地面積
  
  
  人口が多いと犯罪に備える必要があるのか、関係が深いようで、
  人口数のデータとの相関係数は0.7866。
  
  人口(密度)に比して配置がなされているので、可住地面積当たりで
  集計すると、このような値になるのでしょう。
  
順位 都道府県 順位 都道府県 順位 都道府県
1 東京 83.6 17 福井 13.6 33 群馬 9.0
2 大阪 53.4 18 静岡 13.6 34 富山 8.8
3 神奈川 45.3 19 石川 13.4 35 大分 8.8
4 京都 27.0 20 長崎 13.3 36 宮城 7.9
5 兵庫 26.8 21 沖縄 13.3 37 新潟 7.9
6 奈良 22.1 22 滋賀 13.2 38 長野 7.8
7 愛知 19.4 23 福岡 13.2 39 熊本 7.0
8 山梨 16.5 24 鳥取 12.4 40 鹿児島 6.7
9 埼玉 15.8 25 島根 12.0 41 茨城 6.1
10 和歌山 15.6 26 愛媛 11.5 42 岩手 5.8
11 香川 15.5 27 佐賀 11.2 43 山形 5.8
12 千葉 14.8 28 岐阜 11.1 44 福島 5.6
13 岡山 14.3 29 三重 10.6 45 青森 5.3
14 徳島 14.3 30 高知 10.3 46 秋田 5.1
15 山口 14.2 31 栃木 9.6 47 北海道 3.5
16 広島 13.9 32 宮崎 9.4      

  
  警察署交番駐在所数と人口の関係をプロットしてみました。
  警察署交番駐在所数と人口の関係.png
  人口に比例する中でも、
   東京・大阪・京都・奈良は多く
   愛知・埼玉・千葉・福岡・北海道は少なく
  なっています。
  
  
データの出展 --------------------------------------------------------
  出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(http://www.e-stat.go.jp/
  統計でみる都道府県のすがた2017
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本の安全:道路交通法違反検挙件数 [データビジュアル化]

安全:道路交通法違反検挙件数 (人口千人当たり)----------------------
  道路交通法違反検挙件数_人口千人当たり.png
  計算式:道路交通法違反検挙総件数(告知・送致) ÷ 人口総数
  
  道路交通法違反検挙総件数(告知・送致)の定義ですが、
  車両等の運転に関するものの反則事件告知件数と非反則事件送致
  件数を合計したものの数と説明されています。
  
  反則行為=道路交通法違反の中では軽微(速度制限超過や
  信号無視など)なもので、警察官が告知したケース。
  青切符が渡され、罰金を納めるというのがおおよその流れ。
  
  非反則行為=酒気帯びや無免許運転など交通反則通告制度の適用を
  受けない重要な行為。
  赤切符が渡され、検察庁取調べ・裁判所で審判という流れ。
  
  速度違反も、オーバーした速度によっては非反則行為なります。
  というか過去経験したことがあります。
  
  
  地域では東北・甲信越・四国が少なくなっています。
  
  県別では最小21.3~最大74.8のレンジです。
  3倍以上の差があるのは、何が原因でしょう。
  マナーとか取り締まりの厳しさとかでしょうか。
  
順位 都道府県 順位 都道府県 順位 都道府県
1 長崎 74.8 17 鳥取 56.1 33 群馬 43.1
2 東京 72.6 18 佐賀 55.7 34 沖縄 42.4
3 島根 72.5 19 宮崎 53.5 35 青森 41.2
4 大分 69.6 20 鹿児島 52.8 36 山口 41.0
5 山梨 69.1 21 和歌山 51.7 37 徳島 38.4
6 北海道 69.0 22 石川 51.1 38 茨城 36.9
7 神奈川 68.2 23 埼玉 49.8 39 秋田 35.1
8 岡山 66.9 24 奈良 49.1 40 富山 34.7
9 大阪 64.9 25 福井 48.4 41 滋賀 34.7
10 兵庫 63.6 26 岐阜 48.3 42 山形 34.6
11 愛知 61.8 27 香川 46.0 43 福島 32.8
12 静岡 58.8 28 高知 46.0 44 栃木 32.6
13 福岡 58.5 29 長野 45.4 45 新潟 27.0
14 熊本 58.0 30 岩手 44.4 46 三重 26.9
15 京都 57.1 31 宮城 44.2 47 愛媛 21.3
16 広島 57.0 32 千葉 43.5      

  
データの出展 --------------------------------------------------------
  出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(http://www.e-stat.go.jp/
  統計でみる都道府県のすがた2017
  
注意事項・連絡 ------------------------------------------------------
  ※ 日本地図は群馬大学の青木先生のHPを参考にさせて頂き、
    描画しております。
  ※ 作業は十分注意して行っておりますが、間違った処理を
    している可能性もあります。内容の正確性を保証をして
    いるもではありません。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - データビジュアル化 ブログトップ
メッセージを送る